DAY 1|SESSION 1-2
選ばれ続けるための「アプリUX」
~キャンペーン依存から脱却~

セッション概要

多くのアプリがリリースされる現在では、ユーザーは簡単にサービスを乗り換えるようになりました。企業はこれまでのように広告費を大量に投下するだけではサービスを成長させられなくなっています。これからのアプリ運用では、より高品質な体験が提供できるよう、断続的なUX改善が重要になります。
本セッションでは、累計20,000人以上のUXリサーチを実施してきたビービットと、「ASTARI」をリリースしたTIS株式会社が、実際のUX改善事例を交えながら、長く愛用されるアプリのためのUXについて議論を深めます。

登壇者紹介

佐藤 駿

佐藤 駿

株式会社ビービット
プロダクトマーケティング(事業開発/営業開発)
チームリーダー

東京大学経済学部経済学科を卒業後、ビービット入社。
保険会社、金融系メディアなどのUX改善支援をコンサルタントとして推進後、新サービス「USERGRAM」の新規営業 ~ 活用支援に従事。
累計50社以上のご支援経験をもとに、現在はグロース業務の組織定着に向けた新方法論・サービス開発を推進中。

鈴木 翔一朗

鈴木 翔一朗

TIS株式会社
DX営業企画ユニット DX企画部 シニアエキスパート

2006~2010年
銀行系クレジットカードシステムのWEBシステム、勘定系システムの企画/アプリ開発。
特にシステム統合やシステム刷新など、1000人月規模のプロジェクトを担当。
2014~2016年
デビット・プリペイドのプリセールス兼開発マネージャーとしてソリューション導入を担当。
2017~
新規事業企画を経験し、2020年~ASTARIを事業責任者として推進中。

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

PAGE TOP