DAY 2|KEYNOTE 2
新たな体験を創造する組織のありかた

セッション概要

DXの本質は、デジタルを前提とした新しい価値の創出にあります。そのためには、「ユーザーどのような体験を提供したいのか」を最重要とし、組織横断的な動き方が必要になります。日本においてDXが進まないのは、既存の組織や枠組みに囚われ、自由な業務遂行が難しいことも大きいでしょう。日本初のデジタルバンクであるみんなの銀行は、歴史のあるふくおかフィナンシャルグループの出自でありながら、銀行に関する「すべての体験がスマホで完結する」という、アプリを使った全く新しい体験の創出に成功しています。それは一体どのようにして為し得たのか、取締役副頭取である永吉氏に伺います。

登壇者紹介

永吉 健一

永吉 健一

株式会社みんなの銀行
取締役 副頭取

1995年、㈱福岡銀行入行。経営企画部門に在籍し、経営統合からふくおかフィナンシャルグループ設立、その後のPMI業務に注力。2016年、企業内ベンチャーとして、新しい金融プラットフォームを提供するiBankマーケティング㈱を起業。また、国内初のデジタルバンク『みんなの銀行』の立上げをリードし、2021年にサービス開始、取締役副頭取に就任。

平田 祐介

平田 祐介

Repro株式会社
代表取締役

1980年、東京都生まれ。戦略コンサルタント出身のシリアルアントレプレナー。大手コンサルティングファームに入社後、経営戦略立案支援や成長支援業務に従事。2011年から複数の事業の立ち上げに関与したのち、2014年にReproを創業。代表取締役を務める。

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

PAGE TOP