DAY 2|SPECIAL SESSION 2
選ばれ続けるためのデータ活用方法

セッション概要

選ばれ続けるサービスであるために、データを活用した顧客体験の向上は必須になりつつあります。しかし、データを活用するためには、データの「取得」「整理」「分析」「意思決定」「活用」といった様々な段階があり、多くの会社は途中でつまづいてしまいます。日本でも有数のデータ活用企業であるZOZOでAI分野のトップを務める野口氏は、「どんな会社でもデータ活用・AI活用はできる」と言います。専門家がいない企業でも実施できるデータ活用とは何なのか。顧客体験向上のためのヒントを探ります。

登壇者紹介

野口 竜司

野口 竜司

株式会社ZOZO NEXT 取締役 CAIO
株式会社グロース X AI戦略アドバイザー

文系AI人材として、ZOZOで様々なAIプロジェクトを推進するかたわら、大企業やスタートアップのAI顧問・アドバイザーやAI人材育成にも力を入れている。ZホールディングスのAI人材育成コミッティのZ AIアカデミアの幹事も務める。著書に「文系AI人材になる」「管理職はいらない AI時代のシン・キャリア」など。

中澤 伸也

中澤 伸也

Repro株式会社
取締役CMO

家電量販店のソフマップにて、店頭接客、バイヤー業務、ECサイト立ち上げ、データマイニング、店舗開発、経営管理と、様々な職種に従事。ゴルフダイジェストオンライン(GDO)のマーケティング責任者、エクスペリアンジャパンの執行役員CMO、株式会社IDOMのデジタルマーケティング責任者を経てReproに参画。

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

PAGE TOP