2021.03.22

マイクロモーメント:アプリマーケターが活用できる、ユーザーの瞬間的な行動

  • COPY URL

この記事で分かること

マイクロモーメントとは

Googleが提唱するマイクロモーメントとは、ユーザーが何かに疑問をもった時や何かをしたいと思った時に、スマートフォンで調べる瞬間をさします。

マイクロモーメントの重要性

2014年には15億7,000万人だったスマートフォンのユーザー数は、今もなお右肩上がりに増え続け2020年には28億7,000万人に達すると言われています。スマートフォンユーザーが増えれば、比例してマイクロモーメントも増加します。

ユーザーがスマートフォンを手に取り知りたいことを入力し、ブラウザやアプリの検索エンジンがミリ秒単位で検索結果を表示する。マイクロモーメントが増えるということは、より多くの人々が短時間であらゆる情報を見つけることができるということです。

2017年に「Kleiner Perkins Caufield Byers」が行った調査によると、18歳以上の人々はパソコンよりモバイル端末の使用時間の方が長くなっていることが分かりました。また、「Dscout」が2016年に実施した調査では、私たちは1日のうちに平均2,617回もモバイル端末に触れていることが分かったのです。

人々は主に、列に並んでいる時や電車に乗っている時などのすきま時間に情報を検索しています。そしてそのタイミングこそ、ブランドをアピールするチャンスがあるといえるでしょう。

マイクロモーメントの仕組み

  1. スマートフォンユーザーが疑問を抱きます。(ex棚にある商品のうち、最も高評価なのはどれだろう?最寄りのオフィス用品店はどこだろう?今の天気は?)
  2. ユーザーはスマートフォンを取り出し、ブラウザもしくはアプリに知りたいことを入力します。
  3. ユーザーは瞬時に答えを見つけるか、他の選択肢を得ることができます。
  4. ユーザーが次の行動を取ります。(商品の購入や特定の場所への移動、新しい情報の消費など)

マイクロモーメントの例

Googleによれば、マイクロモーメントは以下の4つに分かれます:

  • 疑問への答えを見つけること:とあるテレビ番組のファンの一人は、スマートフォンで最新話の要約されたエピソードやレビューを検索しています。ユーザーは自分が欲しい情報を得るために、さまざまな個人ブログやエンタメ系サイトを閲覧します。
  • 出かける場所を見つけること:混雑する街中を旅行者が飲食店を探しに歩いています。彼らはスマートフォンを取り出し、好みのグルメアプリや旅行アプリで食べたい料理を提供しているレストランが近くにないか検索します。
  • 目の前の状況で何をするべきかを見つけること:自動車のエンジン警告灯が急に点灯したため、その理由を調べるためにドライバーがGoogleで検索し、有名な自動車販売店のガイドを見つけて解決策を考えます。
  • 何かを購入すること:お客さんを招いたのに、ワインを買い忘れていたことに気づいた人がいます。すかさずスマートフォンを取り出し、最寄りにある豊富な種類の酒が揃う酒店を探しだしました。ワインを購入できるアプリを開いてコストパフォーマンスが優れたワインを選んだら、その足で酒店に向かい、求めていたボトルを手に入れます。

アプリマーケティングにおけるマイクロモーメント

人がアプリではなくスマートフォンのブラウザ(Chrome、Firefox、Safariなど)から検索する時、アプリのマーケティングチャンスが潜んでいます。

スマートフォンユーザーの中には、アプリ内コンテンツに関する何かを検索する人がいるかもしれません。彼らが探す答えを自社サイトやQ&Aサイトで回答しつつ、そこにアプリへのリンクを設定しておけばDLを促すこともできるでしょう。

また、検索ランキング上位でアプリのトピックに関連した内容を提供しているメディアと協力すれば、ユーザーが答えを探しにサイトへ訪れた際、目的を叶えるためにアプリに誘導することもできます。

追加情報

マイクロモーメントについてのさらに詳しい情報を知りたい方は、Googleの広告主コミュニティを参照してください。

この記事は、Localytics社のブログ”Micro-Moments: Reflexive Mobile Actions that App Marketers Can Leverage“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on Localytics in English under the permission from the author.

SHARE

コンテンツトップに戻る

関連する記事

RELATED


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/repro/repro.io/public_html/wp-content/themes/repro/single-contents.php on line 163

関連記事はまだありません。

Repro(リプロ)で効果的な
カスタマーエンゲージメントを

カスタマーエンゲージメントプラットフォームReproを
是非ご活用ください。