モバイルアプリの成長支援ツールのRepro、博報堂アイ・スタジオと提携

モバイルアプリの成長支援ツールのRepro、博報堂アイ・スタジオと提携

〜モバイルアプリの事業戦略策定、開発、運用までトータルサポートするソリューションを提供 〜

モバイルアプリに特化した解析・マーケティングツール「Repro(リプロ)」を提供しているRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下Repro)は、株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下、博報堂アイ・スタジオ)と提携し、モバイルアプリの事業戦略策定、開発、運用を起点に企業のマーケティング活動をサポートするソリューション「Hakuhodo i-studio app growth driver with Repro」の提供を開始いたしました。

アプリを今まで活用してこなかった業界でもアプリを持つのは珍しいことではなくなってきましたが、アプリの開発や運用のノウハウはWebサービスと比べてまだ少なく、アプリを自社ビジネスの収益につなげることは難しいのが現状です。

そういった背景のなか、Reproはこれまでも様々な企業に対し新規アプリの成長戦略策定やリリース後のデータ分析コンサルティング、プッシュ通知やアプリストア最適化の運用支援などを行い、アプリの収益改善を支援してきました。

今回博報堂アイ・スタジオと協力して提供する「Hakuhodo i-studio app growth driver with Repro」は、アプリを起点としてパーソナライズ化されたコミュニケーションを提供する実行支援ソリューションです。最適な顧客体験(以下、UX)の開発・運用、PDCA支援まで、ワンストップで提供いたします。 博報堂アイ・スタジオが培ってきたクリエイティビティ、アクセス解析やユーザーテストなどの活用による最適なUXの設計、クリエイティブ制作、アプリの改善に関するノウハウの蓄積、高速PDCA(UI改善、施策企画など)、新規アプリ開発、Reproによるアプリマーケティングツール提供、データ分析に基づいた成長戦略策定や収益改善支援、新規アプリ企画支援ノウハウと統合することで、アプリユーザーに最適な体験を提供し、企業のマーケティング課題解決に貢献します。

博報堂アイ・スタジオはReproとアプリ内マーケティング領域で協業し、最適な顧客体験を作り出すためのコミュニケーションプラン設計、運用、PDCA支援までワンストップで提供いたします。

Reproは今後もより多くのクライアントにReproのソリューションを提供し、新規アプリの開発支援やアプリ内マーケティングの運用支援なども行い、アプリの成長を支援する企業としてクライアントに貢献してまいります。

Repro株式会社について

Reproはアプリの成長支援ツールを2015年4月にリリース、現在では世界46か国、4,000以上のアプリに導入されています。 リテンション分析・ファネル分析をはじめとした定量分析機能、動画による定性分析機能を用いてアプリのUI・UXの改善が可能です。また、分析結果からプッシュ通知やアプリ内メッセージ表示などアプリ内マーケティングをすぐに行なえます。2016年3月にはアプリ成長コンサルティング事業を開始し、アプリの成長支援ツール提供にとどまらず、アプリの戦略・企画、開発から運用まで、アプリの成長を一貫して支援しています。

会社概要

会社名:Repro株式会社 代表者:平田祐介 所在地:東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル6階 設立:2014年4月 事業内容:モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供 ホームページ:https://repro.io/jp/ アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」:https://growthhackjournal.com/

ニュース一覧へ

弊社サービスに関するお問合せ

Reproではアプリ解析・マーケティングツールの提供、アプリの企画・戦略コンサルティングやアプリ開発支援、アプリのユーザ獲得やユーザ定着のためのマーケティング支援等を御社の事業やアプリの状況に合わせてカスタマイズしてご提案します。まずは、お気軽にお問い合わせください。