Toggle Menu

【登壇資料あり】提供するのは「生活の価値」。『OYO』が描く新たな価値の提案とは?

本記事は2019年7月9日に開催した「aCrew」での発表内容をもとにしたイベントレポートです。

30兆円を超える巨大市場を抱える不動産業界。現在では大手から新興ベンチャー企業がIT活用による事業効率化だけでなく、新しいビジネスモデルを模索するなど、古くからの慣習や法規制により長らく遅れていた同業界にイノベーションが起ころうとしています。

このイベントでは、そんな不動産業界に革新を持ち込むハウスマートのマーケティング/事業責任者をお招きし、ビジネス成功のためのノウハウを共有していただきました。

今回はOYO Technology & Hospitality Japan Marketing & Communication Headの山口 公大氏にOYOの描く事業戦略についてお話して頂きました。

登壇者紹介

OYO Technology & Hospitality Japan Marketing & Communication Head 山口 公大氏

自己紹介と事業説明

皆さんこんにちは、山口と申します。本日はOYO LIFEが仕掛けた合理的な奇策というテーマで話して行けたらなと思います。よろしくお願いします。

『OYO』は物件探しから入居まで、スマホからワンストップで行える不動産サービスです。入居の際の敷金礼金、家具やWi-Fiなどのあらゆる初期コストが不要で、新しいライフスタイルの形を創ることを目指しています。

Marketing


OYOはライフステージが変化した時、生活を変えなければいけない時、生きづらさを緩やかに解決できる場所です。季節ごとに住む場所を変える使い方をしてもいいですし、引っ越しをする前にOYOを使って試しに住んでみる「試住」という使い方もできます。

例えば自分の知らない土地に引っ越さなければならないとき、どんな場所なのかイメージがつかないことがよくあります。そういった方に一度OYOに入って試しに住んでもらい、そこからOYOか賃貸か選択をする。そういった使い方をしてもらっています。

ターゲットとしているユーザーは明確で以下の通りです。

・20代後半から40代までの単身者
・所得に余裕はあまりなく住まいにおいて経済性やコスパは最重要。
・手間暇のかかることが嫌いな面倒くさがり。
・何事もできるだけ「楽に・スマホで」済ませたい。
・その時々の気分に応じて住み替えたい
・悪く言えば無計画だが、フットワークが軽く好奇心旺盛
・求める暮らしは友達や恋人と楽しく過ごす”リア充ライフ”

具体的な施策

ここからは具体的に3つの施策について話していこうと思います。

カーペットボミング

1つ目はカーペットボミングです。日本でPRをやるとなると一回に情報をまとめてインパクトを最大化させるという考え方が一般的です。しかしインドから直接電話がかかってきて情報を出し続けろと指示がありました。

そこで今年の2月にOYOを公開してから今日まで1週間に1回プレスリリースを行っています。

OYOをリリースした2月の頭に簡易的なページを作り、そこから議論を呼びそうな人に50万円位Facebookのアド当てを行いました。行った施策はそれだけですが、その日の内に6個Twitterのトレンドに入ったのです。
そのあとは毎週PRで少しづつ情報を公開していきました。ここまで掛かった費用は最初の50万円のみです。

ここで学んだことは「情報は一回にまとめないほうがよさそうだ」ということです。
最初に少しでも火種を作ることができれば、後は情報を少しづつ解禁していきます。そうすると皆さんがOYOについて噂し始めて議論になっていくのです。そこに少しづつ情報を渡していくことでコミュニケーションを図っています。

いきなり東京0円ライフ

2つ目は東京0円ライフというくじ引きキャンペーンのようなものをしていました。くじが当たると無料で住むことができます。
我々は新しいサービスを新しい考え方で提供する、いわゆる「ハビットチェンジ」を行っています。

一般的には認知、理解、体験の順番で考えられがちですが、この順番で施策を行うとパネルで抜けていってしまいます。

そこでたとえ無料であっても、ある程度強制的でいいのでまず先に世界観に入って体験してもらうのです。これはPayPayさんが兄弟会社ということで参考にさせていただきました。
現在も最大2ヶ月無料で住めるキャンペーンを行っています。ホームページを見てから入っていただくと、今なら2ヶ月間最大無料で住むことができるので、もしよかったらみなさんお試しください。
そこで我々が提案する考え方はこうです。

OYO PASSPORT


最後はOYOPASSPORTです。OYOで住むと最大1ヶ月間、様々なサービスを無料で利用することができます。現在扱っているサービスは10種類程です。

我々は住居という場所を媒体として捉え、その媒体を通してユーザーの満足度を最大化していく。そのためのサービスを作っています。
我々が提供したいのは、「家賃の価値」ではなく「生活の価値」なのです。

最後に

今日ここでお話させていただいた内容は日々試行錯誤を繰り返し、8割失敗しながらも成功した2割の話です。

施策の話もいろいろさせていただきましたが、個人的にマーケターとして大事にしているのは1つです。それはマーケターが会社の思想を乱さないということです。会社がどのような状態であっても、マーケターは向かうべき方向を明確にしましょう。

本日は以上です。ありがとうございました。