Toggle Menu

【登壇資料あり】熾烈な業界だからこそ不断の努力を怠らない。
『マンガボックス』が売上を約2倍まで伸ばせた秘訣とは?

本記事は2019年8月1日に開催した「aCrew for comic」での発表内容をもとにしたイベントレポートです。

アプリ業界で今なお勢いのある市場の一つである漫画アプリ。コミック誌の発行部数が落ち込む中、デジタルコンテンツとしてのマンガは、スマートフォンで楽しめる手軽さもあいまって、年々売上を伸ばし続けています。

現在は大手出版社から新興ベンチャー企業まで、様々な企業が漫画アプリを提供しており、ビジネスモデルに工夫を凝らしたサービスも次々と登場し、ひときわ盛り上がりを見せています。

今回は『マンガボックス』編集長の安江 亮太氏にマンガボックスのグロースの秘訣についてお話をしていただきました。

登壇者紹介

株式会社ディー・エヌ・エー マンガボックス編集長 安江 亮太氏

自己紹介

安江亮太と申します。人生のミッションは、「自分の実直さを持って、人/組織がより円滑に、より大きくなること」ということで日々暮らしております。

現在はnoteさんで、おくりバントさんのプロデュースを行ったり、駆け出しの漫画家さんに私がビジネス的なコーチングをして、その人たちの良さを引き出していくという企画を行っています。

かなり濃密な企画になっているので、ぜひ見ていただけたらなと思います。

2年前は、ここで『マンガボックス』のマネタイズの歴史、今後はマルチメディア展開を行っていくという内容でお話をさせていただきました。

今回はストア自体の詳細についてブレイクダウンしてお話させていただきます。

『マンガボックス』はどうやって売上を2倍近く伸ばせたのか。

今回のテーマは「踊り場を超えた先の成長を実現した『マンガボックス』の3つの事例」です。

これは実際の売上のグラフになっています。

フェーズとしては4つあり、始めは広告営業を行っていましたが、ストアをやろうということで、ストアを開設し成長しました。

その後中々売上が伸びない時期が続きましたが、更にここから成長し、現在もなお成長し続けています。

ではどうやって売上を2倍近く伸ばせたのか、分かりやすく説明していきましょう。ポイントは全部で3つです。

ネガティブなイメージを徹底的になくす

ユーザーが一番来訪するページに、どの作品を表示するかで売上は大きく左右します。

当然インターネットのウェブサイトの場合には、ファーストビューに何が来るのかが大事なってくるわけです。これに関してはかなり当たり外れが出ます。

私たちは人力で選書をしてファーストビューに載せる作品を選んでいるので、選書の担当者のプレッシャーもかなり大きくなってしまいます。

現在もそうなのですが、『マンガボックス』のメインユーザーは10代から20代の男性です。そこで当時は「デスゲーム」や「ホラサス」といったような男性的であったり、猟奇的なタイトルが必然的に多くなっていました。

それ以外にも基本的に『マンガボックス』は無料連載なのですが、ストアにつなげることで一部有料作品が出てきました。それが紛らわしいや詐欺だと捉えられてしまうようになったのです。

そのイメージの払拭をトップダウンで実施し、尚且つ売上を見ながら適宜修正を重ねていきました。

やっていること自体はかなり地味かもしれませんが、ファーストビューに画力の高い作品や、ホラー色の強くない作品を選ぶようにしたのです。

同一作品でも作品のテイストに合わせたグリッド画像や、表示の差別化も分かりやすいようにフォーマットを適宜改善していきました。

コアユーザーの声を吸い上げた作品選定

『マンガボックス』には100万人以上のユーザーさんがおり、その中でも『マンガボックス』の売上のきっかけを作っているコアなユーザーさんをこちらで捕捉してあります。

そういったユーザーさんが購入した作品のデータをこちらで分析し、そこから『マンガボックス』のユーザー層にあっている、売れるだろうという作品を早期にピックアップするのです。これを先ほどお伝えしたようなファーストビューに載せたり、無料連載をしていくというような運用努力をしていきました。

マネタイズに+αする意識を持つ

これは当然と言ってしまえば当然のことですが、中々意識をすることが難しいポイントです。

『マンガボックス』やアプリメディアのようなウェブメディアのマネタイズの手法や概念は色々あります。

特に漫画アプリは競合サービスが2年位前からかなり増えてきて、同じようなコンテンツを販売しやすく、いたちごっこ状態です。

ただ、だからといって横並びで同じことをやっておけばいいということは全くありません。それでもあきらめず歯を食いしばって、『マンガボックス』ならではの体験とは何なんだろうと考えてほんの少しの工夫でも出していく。そういった積み重ねがUXやCXの改善になるのではないかと考えています。

『マンガボックス』のマネタイズもプラスアルファの意識をもって取り組んでいます。

たとえば、ユーザーごとに新刊発売情報を通知する機能はありがちですが、普通は新刊が出ましたというテキストだけの表示なので有効な施策とは考えづらいです。

この仕様は私も1ユーザーとしてとても気に入っているのですが、『マンガボックス』のストアのコーナーに新刊の書影を出すようにしています。ただ表示するだけでなく、特大バナーとして自動生成しています。

このバナーに当てはまる画像をPhotoshopで作り、書影を自動生成して、ユーザーが持っている最新刊の続刊が出たらこのバナーに当てはまって表示されるのです。

プッシュ通知も含めてですが、結果として88%以上のユーザーが新刊または続刊を購入しました。

他にも動画リワードによるマネタイズがあります。

 

cmを見ることで無料で1話漫画が読めるというのがありますよね。基本的にはゲームの広告に利用されることが多いと思います。

しかし、そうではなくそこに『マンガボックス』のオリジナル作品を映画で見る予告編のように動画にして導入することにしたのです。これによってワクワク感を醸し出すことができます。この動画リワードによるマネタイズは既に特許を取得しています。

業界が熾烈になればなるほど不断の努力が求められます。同じような動きや良いトレンドに乗っていくことは当然かと思いますが、そこで諦めずにそれを超えるようなものを作り出していきましょう。

今後の展望

DeNAはインターネットの会社というイメージが強いですが、現在はオリジナル作品を作ることに注力しており、具体的な作品名をあげると数年前にドラマ化させていただいた「ホリデイラブ」という作品や、電子書店の各書店で1位をとっている「インゴシマ」という作品も出てきています。

一書店や一アプリに留まらないようなオリジナル作品の強化が今後の目標です。

最後に『マンガボックス』では次のグロースを一緒に生み出すメンバーを募集しています。興味がある方はお声がけいただきたいと思います。ご清聴ありがとうございました。