過去の恐慌から考える「これからのマーケティング」

過去の恐慌から考える「これからのマーケティング」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受ける昨今、多くの企業がマーケティング戦略の再考に苦悩しています。
そこで参考になるのが、過去に発生したSARSやリーマンショックなどの不況を乗り越えた企業たちの「歴史」です。

不況下で事業を大きく伸ばすことに成功した企業の共通点はこれまでの常識にとらわれない、新しいテクノロジーやメディアに対して大胆な投資を行ったことでした。

もう一度顧客目線に立ち返り、本質的に投資すべきポイントはどこなのか考え直す必要があるでしょう。

「令和の長期不況と戦う」シリーズの第二弾!ぜひこの無料E-bookをダウンロードして、現下の不況に打ち勝つアイデアを発見しませんか?



内容
- SARSは何をもたらしたか?
- SARSによって成長を遂げた中国の巨人たち
- リーマンショックによって RTB(Real Time Bidding)が生まれた
- SARSやリーマンショック以外の恐慌からも 学ぶべきことがある
- これからのマーケティングはどのように進めていくべきか

以下のフォームに必須事項をご入力の上、[送信する] をクリックすると、ダウンロードページが表示されます。
*は入力必須項目です。

※入力フォームが表示されない場合は、ブラウザのアドブロック機能をOFFにしてください。

弊社では、資料ダウンロードフォームよりお預かりした個人情報の取扱について、次のように管理し保護に努めてまいります。この先続行することで下記に同意したものとします。

個人情報の収集・利用・提供についてお預かりしました個人情報は、弊社にて開催するセミナー・イベントのご案内、製品・サービスのご紹介に利用させていただきます。

個人情報保護方針個人情報取り扱い管理の詳細については。こちらのリンクをご参照ください。