ダイレクトにメッセージを送る
アプリプッシュ通知

アプリプッシュ通知を活用すれば、ユーザーのスマホにダイレクトにメッセージを配信することが可能に。
業界最高水準の大規模・高速プッシュ配信基盤を有し、
数十万ユーザーを超えるような大型アプリサービスにおいても高い評価を獲得しています。

アプリプッシュ通知とは?

アプリプッシュ通知とは、アプリからスマートフォンのロック画面などに対してメッセージを送る機能です。
キャンペーンの告知やニュースの配信など、様々な用途でプッシュ通知が利用されています。ダイレクトにユーザーの目に入るメッセージになるため、非常に強力なユーザー接点であるといえます。

アプリプッシュ通知によって得られる効果

app-push-1

リテンション率の向上

アプリはインストールされただけではすぐに忘れられてしまいます。効果的なプッシュ通知でユーザーの利用を促すことで、継続的な利用を期待できます。特に最初の数日間で利用回数を増やすことができるかどうかが、リテンション率に大きく影響を与えます。

app-push-2

売上の向上

キャンペーンやクーポンなどの、ユーザーにメリットのある訴求をプッシュ通知で押し出すことで、直接的な購入を増加させることができます。プッシュ通知は強力なメッセージツールなので、ユーザーにとって価値のあるメッセージである必要があります

app-push-3

世界観を伝える

テキストの表現や絵文字、画像などを活用することで、ブランドの世界観を伝えることができます。利用頻度の高いアプリであればあるほど、そのアプリがどのような人格で、ユーザーにとってどのような価値をもたらすのかを理解してもらうことが重要になります。

アプリプッシュ通知で成果を出すためのポイント

push_A

一人ひとりに合わせる

プッシュ通知はとにかく目につくメッセージなので、自分に関係のないメッセージが届くとネガティブな感情を誘発してしまいます。常にプッシュ通知が許可されるためには、一人ひとりの状況やニーズに合ったメッセージを送る必要があります。

push_B

生活リズムに合わせる

仕事や学校で忙しい時間帯にプッシュ通知が送られても、反応できる人は少ないはずです。そのアプリのターゲットユーザーがどのような生活をしていて、どんな時間帯ならばプッシュ通知に反応してくれるのかを研究し、メッセージを送りましょう。

push_C

メッセージを工夫する

反応率を高めるためには、ユーザーの期待を捉えている必要があります。ありふれたメッセージではなく、受け取るユーザーの心理を考え、思わず開いてしまうようなメッセージを作りましょう。絵文字や画像など、リッチな表現をしてみるのもひとつの方法です。

push_D

ロイヤル化する

送る時間帯も表現も、実際にテストしてみなければ良かったのかどうかがわかりません。実施した施策の反応を見ながらPDCAを回すことが、効果を高めるために最も重要なことです。仮説を考えたらA/Bテストを繰り返し、答えに近づいて行きましょう。

Reproなら、成果の出る
アプリプッシュ通知を配信できる

kpi1

使いやすく工夫しやすい
管理画面

Reproを使えば、リッチなプッシュ通知表現を驚くほど簡単に実現できます。プレビューを見ながら工夫すると、受け取ったユーザーの気持ちをイメージしやすくなります。A/Bテストの実行・成果判断も非常に簡単です。

kpi2

豊富な
セグメント機能

アプリ内の行動データや、ユーザーごとの属性情報、DMP等にあるデータを活用し、ユーザーをセグメントすることができます。一人ひとりの状況に合わせたアプリプッシュ通知を配信可能です。

kpi3

誰でもすぐにできる
A/Bテストと効果検証

A/Bテストをするのにエンジニアの手をわずらわせる必要はありません。管理画面から簡単にテスト設定が可能。A/Bテストの有意差を自動的に判定する機能もあります。

▼ Reproをもっと詳しく知りたい方へ ▼

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

PAGE TOP