受付終了

【Repro×フラー】
アプリの利用データから見る
2019年最新のマーケティングトレンドをご紹介!

【Repro×フラー】アプリの利用データから見る2019年最新のマーケティングトレンドをご紹介!

本イベントは終了しました。
ご来場誠にありがとうございました!

セミナー概要

新しくアプリをリリースして、とりあえず広告を打っておけば一定のユーザー獲得が見込める… そんな時代はとっくに終わりました。

一番分かりやすく拡大を続けているかのように見えるゲームアプリ市場ですら、2018年度になって初めて消費額が減少したというデータもあります。 前年比で見れば成長は続けているといえますが、2011年〜2014年の、右肩上がりで伸び続け1兆円市場に達したころの勢いとは雲泥の差です。 ユーザーが月に一度でも使用するアプリは上限「25個」で頭打ちとなり、その中の一つに何とかして選ばれなければならないのです。

そんな時代だからこそ、2019年最新のアプリマーケティングの知見にアップデートし、今の時代に則した正しい市場・競合分析や、プッシュ通知などのアプリ内マーケティング施策を実践する必要があります。

2019年にアプリ集客を有利に進めるために重要な市場データの活用法や、アプリ定着率向上のために行うべきコミュニケーション最適化の施策についてお話しいたします。 豊富なデータを保持しているアプリ分析の二大プラットフォームだからこそ知っている知見をたくさん公開しますので、ふるってご参加ください!

講演終了後に特別に個別相談の時間を設けておりますので、自社のアプリビジネスに明確な課題をお持ちの方は個別に情報提供をさせていただきます。

対象者

iOS/Androidのアプリビジネスに携わる方々 ※講演を行う企業と同業社の方のご参加はご遠慮ください。

イベント概要

■日時:2019年9月19日(木) 18:30-20:30 (18:00より受付開始)

■場所:東京都渋谷区代々木1-36-4全理連ビル4F Repro株式会社 イベントスペース

■費用:無料(軽食、フリードリンク付き懇親会も無料です!)

登壇者

<講演1> アプリ市場全体の傾向から見る、グロース戦略の見直し方

岸本 康太郎

フラー株式会社 アカウントエグゼクティブ

デジタルトレンドは変化のサイクルが早いと思われがちですが、現在のアプリ市場においては特定のサービスが常にランキングの上位を占めている状況にあります。運営しているアプリがなかなか上手くいかないというようなお悩みは少なからずどのご担当者もお持ちかと思います。それらの要因はプロダクトにあるのか、市場にあるのかを明らかにしないことには最適な改善サイクルを行うことはできません。今回のセミナーでは、アプリ市場全体においてどのような状況が発生しているのかをお話しさせていただきます。

<講演2> マーケティングの軸は「獲得」から「定着」へ。アプリ内マーケティングの重要性

山入端 彩那

Repro株式会社 Account Sales

最近では広告費の高騰が進み、マーケティング施策の費用対効果の低さにお悩みの方も多いのではないでしょうか。実は、広告などを通じてユーザーの新規流入を目指すよりも、既存ユーザーの定着率の改善を目指した方が、ユーザーの獲得コストは格段に低下するのです。継続してアプリを利用するユーザーを増やすためには、ユーザーの行動を把握し、最適なメッセージを最適なタイミングで届ける「アプリ内マーケティング」施策が必要不可欠です。今回のセミナーでは、アプリ内マーケティングの具体的な実践方法のほか、継続率の向上を通じて「CV率が400〜500%改善」した最新事例などもご紹介させていただきます。

App Apeとは?

App Apeとは、スマートフォンアプリの分析プラットフォームです。 一言でご説明すると「TVの視聴率調査のアプリ版」のようなイメージで、どのアプリがいつ・どんな人に・どのくらい使われているのかを分析できるサービスとなります。 各アプリの利用情報やアプリ市場のトレンドなどをご覧いただける分析ツールと代行分析サービスをご提供しており、5000社以上の企業様にご導入頂いております。

Reproとは?

「Repro」は2015年にリリースした事業成長につながるカスタマーエンゲージメントを生み出すマーケティングプラットフォームです。現在世界59か国6,500以上(2019年4月時点)のサービスで利用されています。 web・アプリユーザーの行動・属性情報を分析し、ユーザーが動く最適な「体験」と「今」を見える化。分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができます。また、よりエンゲージメントを生み出すため、AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を進めており、AIがアプリから離脱する可能性が高いユーザーを約90%の精度で予測することに成功。商用化も実現しています。

Reproは「企業とユーザーのコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが結びつき、共創し合う最適な体験を実現できる世界を創ってまいります。

持ち物、注意事項など

  • ・ご本人確認のため受付にて名刺を頂戴しますので、名刺を2枚お持ちください。
  • ・会場には十分な数の電源をご用意していないため、PCを充電してからお越しいただければと思います。
  • ・イベントの模様に関しては後日Repro、フラーのコーポレートブログやSNSなどで記事化させていただきますので予めご了承下さい。

運営元の連絡先

Repro株式会社
・担当者名:山崎
・Email:media@repro.io

Reproで効果的な
カスタマーエンゲージメントを

カスタマーエンゲージメントプラットフォームReproを
是非ご活用ください。