受付終了

オンライン限定

【オンライン開催】エンゲージメントを高め売上を向上させるコンテンツ×コミュニケーション施策とは?

【オンライン開催】エンゲージメントを高め売上を向上させるコンテンツ×コミュニケーション施策とは?

本イベントは終了しました。
ご来場誠にありがとうございました!

昨今のマーケターは、継続的な新規流入の獲得とユーザーからの高いエンゲージメントを同時に獲得することが求められています。理想はユーザーの継続率を高めながら新規流入を獲得することで利益の最大化を実現することですが、上手く両立出来ている企業はそう多くありません。

この問題の大きな理由として挙げられるのが、新規獲得とエンゲージメントの促進を別々の要素として考えてしまっていることです。例えば、キーワード検索で入ってきた新規流入に対しては、流入キーワードを元にしてアプローチをするのが理想ですが、そこまで施策の連携を取れているような企業は少ないのが実情です。

そこで今回は、普段は分けて語られがちな新規流入の獲得とユーザーのエンゲージメントを同時に学び、どのように紐づけて考えていくかのキッカケとなるコンテンツをご用意しました。特別ゲストとして株式会社MOTAをお迎えして、この2つの要素をどのように繋げて考えているのか、具体的な内容をお話いただきます。

また本セミナーは、1,500社以上が利用するSEOプラットフォーム「MIERUCA」を提供する株式会社Faber Companyと、世界66か国7,300以上のサービスで利用されるカスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供するRepro株式会社の共催で実施いたします。

 

対象者

・事業会社のマーケティング担当者、事業会社のマーケティング責任者

イベント概要

■2020年4月16日(木)15:00-16:10
■参加料:無料
■配信方法:ライブ配信のみ
ご視聴方法につきましては、開催前に皆様にご案内を送らせて頂きます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (info@repro.io) までご連絡ください
■共催:Repro株式会社/Faber株式会社
■連絡先: info@repro.io
 

タイムスケジュール

15:00~15:05 | オープニング
15:05〜15:35 | 特別ゲスト登壇 エンゲージメントを高め売上を向上させるコンテンツ×コミュニケーション施策とは? (MOTA×Faber×Repro)
15:35〜15:50 | 「いま求められるオウンドコンテンツによるオーディエンスビルディング」
15:50~16:05 | 「ユーザーのモーメントを捉え コンテンツマーケティングの効果を最大化する方法」
16:05~16:10 | クロージング
※セミナー内容・タイムテーブルは予告なく変更になる場合がございます。

登壇者

Speaker 柳澤 祐太氏

株式会社MOTA マーケティング部 部長
2009年~2012年、パワーテクロジー(現システムソフト)にてアルゴリズム分析担当。2012年~2014年、ジャパネットたかたにてインハウスSEO・集客担当。2014年11月よりオートックワン(現MOTA)に参画。2015年1月~6月にはSBIホールディングス ビックデータ室に出向し、MOTAの自社ブランディングからWEBマーケティング全般を担当。
Speaker 

月岡 克博

株式会社Faber Company エグゼクティブ・マーケティング・ディレクター
1982年生まれ。SFA導入コンサルタント、 CRMセールスを経て、 2014年にFaber Company参画。SEOやコンテンツマーケティングの 営業・コンサルに従事した後に、 マーケティングを担うIMC部門を新設。自社マーケティング全般と広報&PRを担当。

Speaker 實川 節朗氏

Repro株式会社 マーケティング部マネージャー
東京大学卒業後、ナイル株式会社へデジタルマーケティングコンサルタントとして入社。コンテンツマーケティング事業を立ち上げ、コンテンツマーケティングとSEOを中心に100社以上のコンサルティングを行う。コンサルティング部門責任者を経て、2019年、Repro株式会社に参画。

運営元の連絡先

Repro株式会社
担当者名:福井
Email:info@repro.io

重要事項

以下の個人情報の取り扱いについて同意いただいた上で送信ボタンをクリックしてください。

◎Repro株式会社 プライバシーポリシー
◎Faber株式会社のプライバシーポリシー 個人情報の取り扱いについて
◎株式会社MOTAのプライバシーポリシー 個人情報に関する公表文

Reproで効果的な
カスタマーエンゲージメントを

カスタマーエンゲージメントプラットフォームReproを
是非ご活用ください。