Toggle Menu

サービス利用規約

最終更新日: 2018年12月18日

第1条(目的)

Repro利用規約(以下「本規約」といいます。)は、Repro株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する、モバイルアプリまたはウェブアプリケーションのユーザー行動に関する情報(以下「ユーザー行動情報」といいます。)を収集し、分析、レポートおよび、プッシュ通知等を送信するサービス(以下「本サービス」といいます。)である「Repro」または「Repro Web」の利用を目的とする契約(以下「本契約」といいます。)について定めるものです。

第2条(本契約の成立)

  1. 本サービスの利用希望者は、ReproのWebサイト(以下「当社サイト」といいます。)に設置された申込フォームや申込書、契約書など当社の定める方法によって本サービス利用のための申込みを行うものとします。
  2. 前項の申込みに対し、当社がこれを承諾した時点で、本契約が締結されたものとします。
  3. 前項に基づき本契約が成立した場合、本サービスの利用申込者(以下「契約者」といいます。)は、当社が契約者にログインIDを発行した日以降、本サービスを利用できるようになります。

第3条(契約期間)

  1. 本サービスの契約期間は、契約締結日から1年間とします。
  2. 前項の定めにかかわらず、契約期間満了の 1ヶ月前までに、当社または契約者より契約期間満了日をもって本契約を終了する旨の書面による通知がなされない限り、本契約は自動的に 1 年間更新するものとし、以後も同様とします。

第4条(審査)

当社は、本サービスの利用申込みに対して審査を行い、本サービス利用希望者が次の各号のいずれかに該当する場合には、申込みを承諾しない場合があります。

  1. 申込内容に虚偽が含まれていることが明らかになった場合
  2. 当社の競合他社等、当社の営業秘密等を調査する目的で利用申込みをしていることが明らかになった場合
  3. 過去に本規約違反等により、本契約を解除されている場合
  4. 本規約に違反して本サービスを利用するおそれがある場合
  5. 反社会勢力との資金関係、取引関係その他関係があると疑われる場合
  6. その他当社が適当でないと判断した場合

第5条(本サービスの内容)

当社は、契約者に対して、本サービスの内容として、以下を提供します。契約者は、本規約の条件に従い、これらを利用することができるものとします。

  1. Repro SDK(契約者が開発し提供するモバイルアプリまたはウェブアプリケーション(以下「契約者サービス」といいます。)に対して組み込まれるプログラムで、ユーザー行動情報を契約者が把握できるようにするためのもの)の利用許諾
  2. ユーザー行動情報を動画または数値、グラフ、テキスト情報により視認するためのシステムの提供
  3. プッシュ通知やアプリ内メッセージなどのアプリ内マーケティング機能の提供
  4. ユーザー行動情報を基にした各種広告配信プラットフォームとの広告 ID連携機能の提供
  5. ユーザー行動情報を記録・保存するための記憶媒体(以下「記録用サーバ」といいます。)の提供

第6条(ユーザー行動情報の定義)

本サービスの内容を提供するために、本サービスが取得し、本サービスのサーバへ送信しているユーザー行動情報には、以下の情報が含まれます。

  1. 本サービスが必ず取得、送信している情報
    1. モバイルアプリ向け情報
      1. アプリ情報(バージョン、アプリ名(iOS: bundle id 、 Android: パッケージ名))
      2. デバイス ID(iOS:IDFV 、Android:ANDROID_ID(オプトアウト可))
      3. 端末情報(機種情報、OS 種類情報、OS バージョン情報等)
    2. ウェブアプリケーション向け情報
      1. 表示URL・ドメイン
      2. ブラウザ識別子
      3. IPアドレス
      4. ユーザーエージェント(ブラウザ種別、ブラウザバージョン等)
      5. 端末情報(OS、OSのバージョン、画面情報)
      6. ネットワークタイプ
      7. プッシュ通知許諾状態
      8. アクセス日時、離脱日時
      9. メッセージ表示状態
  2. 契約者サービスで取得している場合に本サービスが取得、送信している情報
    1. モバイルアプリ向け情報
      1. イベント情報
      2. アプリ操作情報(動画、タップ操作等)
      3. ユーザープロフィール情報
      4. プッシュ通知デバイストークン
      5. 広告 ID (iOS: IDFA、Android: AAID)
      6. ネットワークタイプ
    2. ウェブアプリケーション向け情報
      1. ユーザーID
      2. トラッキング情報(イベント名など)
      3. ユーザープロフィール情報
  3. 契約者と当社で取得について合意している場合に、追加で送信している情報
    1. 通信情報(接続状況、ネットワークタイプ、キャリア情報等)
    2. 位置情報

第7条(利用料金)

  1. 契約者は、本規約に定める条件に従い、本サービスの対価として、当社が指定する利用料金を支払うものとします。
  2. 前項に定める利用料金の支払方法は、請求書による支払、クレジットカードによる支払、または本サービスにおいて別に定める方法による支払とします。
  3. 請求書による支払の場合、当社からの請求に基づき、原則として1年分の利用料金を本サービスの利用開始月の翌月末日までに当社が指定する金融機関口座へ銀行振込みによって支払うものとします。なお、銀行振り込みに係る振込手数料は、契約者が負担するものとします。
  4. クレジットカードによる支払の場合、原則として1年分の利用料金を当社所定の方法により、本サービスの申込み時までにクレジットカード決済の手続にて支払うものとします。契約者は、自身のクレジットカードの情報に変更があった場合は速やかにその変更情報を当社所定の手続により当社に報告するものとし、当社へ届け出た情報が常に最新の情報であることを保証するものとします。当社は、登録されたクレジットカードによる支払が不能であった場合、支払がなされるまでの間、本サービスの提供を停止することができるものとします。
  5. 前4項の定めにかかわらず、別途契約者と当社の間で支払に関する取り決めが成されている場合は、その内容に準ずるものとします。
  6. 契約者が本条前3項に基づく支払を遅延した場合には、契約者は、当社に対して年率6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第8条(休止)

契約者は、契約期間中に本サービスの利用、および利用料金の支払を一時的に休止することはできないものとします。

第9条(中途解約)

  1. 契約期間内に本契約を解約する場合には、契約者は、当社に対し残存期間の本サービス利用料金相当金額を支払うものとします。
  2. 本契約終了までに生じた契約者の一切の債務は、本契約終了後においてもその債務が履行されるまで消滅しないものとします。

第10条(権利帰属)

契約者は、本サービスに関するドキュメント、プログラムの著作権その他、一切の権利が当社に帰属し、契約者は、本規約の条件に従ってのみ使用を許諾されていることを承認するものとします。

第11条(外部サービスが定めるガイドラインへの準拠)

契約者は、本サービスを利用するにあたり、App StoreやGoogle Playが定めるガイドライン(以下「各種ガイドライン」といいます。)に準拠し、契約者サービスのユーザー(以下「アプリユーザー」といいます。)からユーザー行動情報を送信することについて事前許諾を得る等、各種ガイドラインに抵触してはならないものとします。

第12条(アプリユーザーとの関係等)

  1. 本サービスを用いて行われる、アプリユーザーからの個人情報、及びユーザー行動情報の取得は、契約者が自ら、その責任において行うものとします。特に、契約者は本サービスが提供するプライバシーモジュールを実装すること等により、通信の秘密にあたるアプリユーザー間のメッセージやアプリユーザーの個人情報を取得してはならないものとします。
  2. 当社は、契約者が前項に定める内容に違反して発生した事象または損害について一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、記録用サーバに蓄積された契約者の本サービスに関連したデータ(以下「蓄積データ」といいます。)を、契約者が契約したサービス内容毎に別途定める期間に基づき削除できるものとします。

第13条(本サービス内容の変更)

  1. 当社は、本サービス内容の全部または一部について、変更、中止、または廃止(以下「サービス変更等」といいます。)することができるものとします。
  2. 当社は、サービス変更等を行う場合は、当社サイトにて最終更新日を更新するとともに、サービス変更等の内容を当社サイトに掲載し、または、これを契約者へ個別に通知するものとします。
  3. 前項の掲載または通知を行った後に、契約者が本サービスの利用を継続することにより、契約者は当該サービス変更等に同意したものとみなします。

第14条(当社による本サービス提供の中断)

  1. 当社は、次の各号に該当する場合は、本サービスの一部または全部の提供を中断することがあります。
    1. サーバ等設備、または電気通信設備の保守、工事、移設などのために必要である場合
    2. 日本または日本以外の公的機関や公権力による命令、処分、要請などがあった場合
    3. 第三者の行為により、当社のサーバー、設備、電気通信設備などに支障が生じた場合、またはその恐れがあるなど、当社の業務遂行に支障が生じると当社が判断した場合
  2. 当社は、前項に基づき本サービスの提供を中断する場合、契約者に対し、事前にその概要、事由、期間を告知します。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。
  3. 当社は、第1項に基づき、本サービスの提供を中断する場合に、各契約者が被った損害について、賠償する責任を負いません。
  4. 当社が第1項に基づき本サービスの提供を中断した場合であっても、契約者は、サービス提供中断期間における本サービスの利用料金を支払うものとします。

第15条(本サービスの停止)

当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの通知・催告を要せずに直ちに本サービスを停止できるものとします。なお、停止期間中も本サービスの料金は発生するものとします。

  1. 本サービスまたは第三者にとって、セキュリティ上の危険を呈する可能性がある場合
  2. 支払期限を経過しても利用料金、または遅延損害金を支払わない場合
  3. 国内外の諸法令または公序良俗に反する目的のために本サービスを利用した場合
  4. 送信されたデータが不正なものである可能性がある場合、または、アプリユーザーから適切な同意もしくは権限の付与を得られていない場合
  5. 契約者が当社、他の契約者または第三者の著作権その他の財産権、または、プライバシーを侵害する可能性がある場合
  6. その他本規約に違反した場合

第16条(当社による本契約の解除)

  1. 当社は、前条の規定によりサービスを停止された契約者が、速やかにその事由を解消しない場合には、本契約を解除できるものとします。
  2. 当社は、契約者が前条各号のいずれかに該当する場合で、その事由が当社の業務の遂行上支障を及ぼすと認められるときは、前項の規定にかかわらず、同条に定める提供の停止をすることなく、何らの通知・催告を要せず直ちに本契約を解除できるものとします。
  3. 当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの通知・催告を要せず直ちに本契約を解除できるものとします。
    1. 差押、仮差押、仮処分または競売の申立てもしくは租税滞納処分を受けた場合
    2. 破産手続、会社更生手続、民事再生手続、その他法的整理手続の申立てを受けた場合、または清算に入った場合
    3. 解散、事業の全部もしくは重要な一部の譲渡、又は、株式等持分の移転が行われた場合
    4. 手形、小切手が不渡りとなった場合
    5. 監督官庁から営業取消、停止処分を受けた場合
    6. 反社会勢力との資金関係、取引関係その他関係があると疑われる場合
    7. その他本契約に基づく債務の履行が困難であると認めるに足る相当の理由がある場合
  4. 本契約の解除日以前に発生した契約者の当社に対する支払義務は一切免除されないものとします。

第17条(ユーザー行動情報の取り扱い)

  1. 契約者は、ユーザー行動情報に第6条に定める情報が含まれていることを理解し、自らの責任において、本サービスを利用しユーザー行動情報を収集および追跡するものとします。
  2. 契約者が、次条第2項の目的のためユーザー行動情報を当社に開示する場合、契約者は次の各号に掲げる事項を当社に保証しなければならないものとします。
    1. ユーザー行動情報の収集、利用および開示について、適用される全ての法規を遵守すること。
    2. 契約者サービスの利用規約等に以下の内容を明示すること。
      1. 本サービスを利用してアプリユーザーの特徴および行動について分析等をするためユーザー行動情報を収集し追跡していること。
      2. 当社が、次条第2項の目的のため、ユーザー行動情報の一部または全部を利用する場合があること。
    3. アプリユーザーに対して必要となる全ての通知を行い、かつ必要となる全ての同意および権限の付与を受けていること。

第18条(記録用サーバに記録・保存されたユーザー行動情報の利用)

  1. 契約者は、記録用サーバに記録・保存されたユーザー行動情報および分析結果ならびにレポートについて排他的権利を有するものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、当社が次の各号のいずれかに該当する行為を行うことを、契約者は同意するものとします。
    1. 障害対応ならびにサービスの改善のため、ユーザー行動情報の一部または全てを利用すること。
    2. ユーザー行動情報を集積・加工・保存し、サービス内部および、新サービス開発または運用の目的で、当社および当社が許可する第三者が用いること。
    3. ユーザー行動情報を集積・加工・保存し、全サービス契約者の為に用いること。
    4. ユーザー行動情報を集積・加工・保存し、マーケティング目的で当社が許可した第三者または一般に共有すること。

第19条(秘密保持)

  1. 秘密情報とは、有形無形を問わず、本契約に関連して当社又は契約者から相手方へ提供された営業上、技術上、人事上その他すべての情報を意味します。但し、かかる秘密情報が既に公知の事実である場合はこの限りではありません。
  2. 当社及び契約者は、相手方から提供された秘密情報について善良なる管理者の注意をもってその秘密を保持し、相手方の事前の同意なくして第三者に開示又は漏洩しないものとします。
  3. 当社及び契約者は秘密情報について、本契約の目的の範囲内のみで使用できるものとし、複製、改変が必要なときは、事前に相手方から書面又は電子メールによる承諾を受けなければならないものとします。
  4. 当社及び契約者は、以下に掲げる場合は、当社又は契約者の必要と認める秘密情報を開示又は交付することができるものとします。
    1. 当社又は契約者が、契約者が本件業務を遂行する上で必要と認める範囲内において、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士等の秘密保持義務を職務上負担する第三者に対して開示する場合
    2. 当社又は契約者が、官公署、裁判所等の公的機関に回答、報告、届出、申請等を行う法律上の必要性のある場合
    3. 当社又は契約者が、契約者が本件業務を遂行する上で必要と認める範囲内において、秘密保持義務を負う業者及び業務再委託先に対して開示する場合
  5. 当社及び契約者は、本契約の契約が終了した場合、相手方から開示された秘密情報(その写しも含む)を、相手方からの請求に基づき速やかに返還又は破棄するものとします。

第20条(禁止事項)

  1. 契約者は以下の行為を行ってはならず、かつ第三者に行わせてはならないものとします。
    1. 当社の書面による事前の承諾なしに、本サービスを利用する権利を第三者に許諾、再許諾、譲渡または承継させること。
    2. 当社または第三者の商標権、著作権等の知的財産権及びその他全ての権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為をすること。
    3. 当社または第三者の財産、プライバシー、肖像権その他の権利を侵害する行為、またはその恐れのある行為をすること
    4. 本サービスのコピー、改変、改作、変換その他派生的な著作物の作成を行うこと。但し、正当な利用に係るインストール及びバックアップのために必然的に生じるコピー等についてはこの限りではありません。
    5. 契約期間中および契約終了後も3年間は本サービスまたは本サービスに関するドキュメント、プログラムを修正、翻訳、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、その他の方法で、本サービスの派生サービスならびに同等のサービスを作成もしくは提供すること。
    6. 貸与、リース、売却、譲渡その他の方法で、本サービスに関する権利を移転すること。
    7. 本サービスの動作に干渉し、又は干渉しようとするデバイス、ソフトウェア又はルーチンを使用し、投稿し、送信し、又は導入すること。
    8. レポートの生成、閲覧及びダウンロード以外の目的のために、本サービスにおいて第三者に帰属すると表示されたデータを使用すること。
    9. コンピューターウイルスなど有害なコンピュータープログラムを送信または掲載する行為
    10. わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に当たるとされる画像、これらに類する文書等を送信または掲載する行為
    11. 当社または第三者への誹謗中傷・侮辱・差別、ないし当社または第三者の名誉もしくは信用を損なう行為、差別を助長する行為、またはこれらについておそれのある行為
    12. 当社のサーバーまたは設備もしくは第三者のサーバまたは設備、または運用に支障を来す行為、または与える恐れのある行為
    13. 当社の本サービス提供を妨害する行為、またはその恐れがある行為
  2. 前項各号の他、当社は必要に応じ当社ホームページ上(ヘルプ(https://docs.repro.io)やナレッジベース(https://support.repro.io)のページを含みますが、これに限りません)において禁止事項または注意事項等を別途定めることができ、契約者はこれを遵守するものとします。

第21条(免責事項)

  1. 当社は、契約者の責による故意・過失の操作や当社提供のRepro SDKやプライバシーモジュール設定ミス等により生じた契約者またはアプリユーザーを含む第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本サービスより提供する各種機能の詳細内容、または契約者が本サービスを通じて得た情報等の全てについて、完全性、確実性、正確性、有用性に関して責任を負わないものとします。
  3. 契約者が、本条第1項または第2項に関して、第三者に対し損害を与えた場合、または第三者より損害を被った場合においても、契約者は自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 当社は、本サービスに発生した不具合、エラー、障害等に起因して生じた損害、または、契約者が本サービスを利用できなかったことによって生じた機会損失等について、故意または重過失を除き、一切の責任を負わないものとします。
  5. 当社は、第10条及び第11条に定める措置に起因して発生した事象または損害について一切の責任を負わないものとします。
  6. 本サービス内のデータが破損・滅失した場合は、故意または重過失を除き、当社はそれらのデータの復活の責任及び損害賠償の責任を負わないものとします。
  7. 当社は、本サービスの円滑な運営のための管理または監視を行いますが、その義務を負うものではありません。

第22条(損害賠償)

  1. 当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当した場合には、契約者に対して損害賠償請求を行うことがあります。
    1. 契約者が故意に本サービス用設備へ過大な負荷をかけるなどの操作を行った場合
    2. 本サービス用のシステムを解析するなどの不正使用を行った場合
    3. その他本規約に違反する行為により当社が損害を受けた場合
  2. 当社が損害賠償義務を負う場合、契約者が当社に本サービスの対価として支払った総額を限度額として賠償責任を負うものとします。
  3. 前項の規定にかかわらず、本契約が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合であり、かつ、①当社の軽過失により契約者に損害を与えたときには、当社は、当該契約者が当社に対して支払った利用料金(第7条参照)の額を上限に賠償を行い、②当社の故意または重大な過失により当該契約者に損害を与えたときには、当社は、法令の規定に従い賠償を行います。

第23条(規約変更)

  1. 当社は、本規約を変更できるものとします。当社は、本規約を変更する場合には、電子メール又は当社サイトに掲載する方法で変更する7日前には契約者に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、契約者が本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に解除の手続をとらなかった場合には、契約者は、本規約の変更に同意したものとみなします。
  2. 当社が契約者に対して第1項記載の方法により通知または報告した場合において、当該通知または報告が契約者に到達しなかったか、電子メールやホームページの日本語を正しく表示できなかったとしても、当該不到達や正しい表示ができなかったことに起因して発生した損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第24条(管轄裁判所)

契約者と当社との間の一切の紛争については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第25条(準拠法)

本契約の準拠法は、日本法とします。

第26条(分離可能性)

  1. 本規約のいずれかの規定が、理由の如何にかかわらず、無効、違法または強制不能と判断された場合においても、本規約の残りの規定の有効性、適法性および強制可能性は、そのことにより一切影響を受けず引き続き効力を有するものとします。
  2. 本規約の規定の一部がある契約者との関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約はその他の契約者との関係では引き続き効力を有するものとします。

附則

第1条(適用開始)

本規約は、平成30年8月8日から適用されたRepro利用規約を改正したものであり、Repro利用規約第23条に基づき、平成30年12月18日より適用されます。