コロナ禍から回復途上にある中国から学ぶ

コロナ禍から回復途上にある中国から学ぶ

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の結果、消費者の需要低下、実物経済の停滞など、「モノ」を売るという意味での「マーケティング」が、かつてないほど困難な時期に直面しています。

しかし同時に、マーケティングの上手さ、「真価」が正しく問われるようになった時代ともとらえることができるのです。

いかに、マーケターはこの不況に対抗することができるのか。そのヒントとなる情報を随時お伝えしていきます。

内容
- 中国ではすでに市場が回復傾向に。実店舗閉鎖もデジタル販売が牽引。
- 不況でも「高級品市場」で生き残った企業からヒントを得る。
- 「ミニアプリ」活用によるコミュニケーションでコロナ下でも売上を前年比2倍にしたルイ・ヴィトン
- 中国特有のKOL(Key Opinion Leader)活用。ライブコマースの利用がより活発に。
- 商品・サービスの魅力を自ら伝達するKOC(Key OpinionConsumers)の育成もトレンドに。
- 日系企業は中国の自動車市場で大きなダメージ。影響を受けなかった企業との違いはどこにあった?
- 「生き残る企業」の共通点は「エンゲージメント」の注視にあり。

以下のフォームに必須事項をご入力の上、[送信する] をクリックすると、ダウンロードページが表示されます。
*は入力必須項目です。

※入力フォームが表示されない場合は、ブラウザのアドブロック機能をOFFにしてください。

弊社では、資料ダウンロードフォームよりお預かりした個人情報の取扱について、次のように管理し保護に努めてまいります。この先続行することで下記に同意したものとします。

個人情報の収集・利用・提供についてお預かりしました個人情報は、弊社にて開催するセミナー・イベントのご案内、製品・サービスのご紹介に利用させていただきます。

個人情報保護方針個人情報取り扱い管理の詳細については。こちらのリンクをご参照ください。