2021.03.25

PWA (プログレッシブウェブアプリ) の5つの特性を活用してアプリマーケティングを改善!

  • COPY URL

PWA (プログレッシブウェブアプリ) とは、スマートフォンアプリのように高速で動作するWebアプリケーションのこと。アクセスが早くネットワークが不安定な状態であっても迅速に動作するという、Webとアプリの両方の利点を兼ね備えたアプリです。

マーケティングでは、アプリの認知拡大から新規ユーザー獲得へと繋げるためにも「シェアのしやすさ」に重きをおかなくてはなりません。そんな中、PWAはインストールする手間もなく簡単にシェアができるため、小規模ビジネスにとってはネイティブアプリより優れたマーケティングツールだといえるでしょう。

ネイティブアプリは基本的にリンクやアプリ名でシェアをされます。ユーザーはアプリストアを開いて膨大なアプリの中から探し出し、DLが完了するとようやく利用することができるのです。しかし、それぞれのステップで、ユーザーが20%ずつ離脱してしまうのが難点です。 一方、PWAはリンクから直接アプリを起動できるため、煩わしいアプリストアでの検索もDLの完了を待つ時間もありません。

この記事で分かること

1. URLから起動

最も簡単なのはユーザーがブラウザに直接入力もしくはURLをクリックする方法です。入力後はすぐにアプリが起動します。

2. QRコードから起動

QRコードをスキャンすれば、PWAの起動やPWA内の特定のページに直接移動することができます。

活用方法

  • レシートにQRコードを載せておけば、ユーザーは購入後でもポイントを獲得できます。
  • ダイレクトメールにQRコードを載せれば、ユーザーはメールを経由してそのまま発注することができます。
  • 広告のポスターやバナー、パンフレットにもQRコードを載せることで、すぐにアプリを起動できます。
  • メニューやカタログにQRコードがあれば、ユーザーはすぐさまアプリを起動してそのまま商品を発注できます。

3. Google検索から起動

PWAによって、Googleの検索バーは新たなアプリストアになるでしょう。なぜなら、ユーザーはGoogleの検索結果であなたのビジネスを見つけると同時にアプリも見つけられるようになるからです。現在、Web検索の60%はスマートフォンから行われています。そのため、PWAを導入してモバイルブラウザからの購入フローが簡略化できれば、課金率が向上するかもしれません。まずは、Googleマイビジネスのアカウントが正しく作成されていることを確認してください。アカウントが作成されていれば、あなたのビジネスとPWA、どちらも検索結果に表示されるようになります。

4. テキストメッセージから起動

テキストメッセージからのアプリ起動は、B2CとC2Cの双方でメリットがあります。電話番号をはじめとしたユーザーの連絡先リストを持っていれば、テキストメッセージからPWAを送信できるのです。 ユーザーは、受け取ったメッセージから直接アプリを起動し、すぐに使い始めることができます。また、アプリが簡単にシェアできるようになっていれば、ユーザーが友人や家族にアプリを広めてくれるかもしれません。

5. サードパーティのサービスから起動

PWAのリンクはSNSプラットフォームを含んだどのサードパーティにも掲載することができます。 例えば、『Yelp』の「メニュー」や「ウェブアドレス」の欄にリンクを入れることもできるのです。これは、『Facebook』『Twitter』『Tripadvisor』『Instagram』など、どんなサードパーティでも可能です。

今回ご紹介した方法は、潜在層のユーザーにアプリを認知させるための一例にしかすぎません。うまく活用してクリエイティブの調整や様々テストを実施しながら、どの方法が最も適切であるかを検証しましょう。PWAはその特性をしっかりと理解してから、モバイルマーケティングツールの一つとして活用してください。

この記事は、BiznessApps社のブログ”5 Ways PWAs Can Improve Your Mobile Marketing Strategy“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on BiznessApps in English under the permission from the author.

SHARE

コンテンツトップに戻る

関連する記事

RELATED


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/repro/repro.io/public_html/wp-content/themes/repro/single-contents.php on line 163

関連記事はまだありません。

Webとアプリの
収益最大化ツール
「Repro」