成功するアプリ事業の始め方

2020.11.04

  • デジタルマーケティング全般
成功するアプリ事業の始め方

あなたがChad Mureta (スマホアプリ制作会社Empire Appsの創業者であり起業家。ITに知見がなかった彼が、どのようにして爆発的な人気アプリを作ったかを著した「Make Money, Have a Life, and Let Technology Work for You」はベストセラーになっている)のような本を読む、若くて有望な起業家だったとします。

しかし、もし今あなたがアプリ事業を始めてみたくても、何から始めれば良いかわからないでしょう。では、アプリストアのトップ5に入ろうとしのぎを削っているアプリ開発者たちの世界へ飛び込む前に、知っておくべきことを紹介します。

mobile-app

おすすめ記事 : スマホWebアプリのための最後のリソース

ネイティブアプリにするか、クロスプラットフォーム対応のアプリにするか

アプリ事業の競争が激化している昨今、これまでで最高かつ最先端のアプリを開発しなければ生き残れません。当然ですが、全てのプラットフォームで独自のコーディングスキルが求められます。あなたがもしiOSでアプリを開発したいならObjective C、Androidで開発するならJavaとXMLを覚える必要があります。

コーディングを正しく行うことによって、アプリのパフォーマンスは高まり最新のAPI (アプリケーションプログラミングインターフェースの略。プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合でこれを使うと、ソフトウェアを作るときに一から作る必要がなくなる)も利用できるでしょう。

アプリを作るのが初めてであれば、まずは手軽なものから始め、単一のプラットフォームで試したあと、複数のプラットフォームにも対応させるためにSaSサイト (SAS Institute社が開発・販売している、統計解析ソフトを中心とするソフトウェア製品群のブランド名)を見てみることをオススメします。

おすすめ記事 :スマホアプリのデザイン/開発: 初心者のためのjQuery Mobileガイド

オススメのクロスプラットフォーム対応サービス

PhoneGap

phonegap-sas-hongkiat-com-how-to-build-a-successful-app-business

AppCelerator

appcelerator-hognkiat-how-to-build-a-business-from-apps

RhoMobile

rhomobile-for-multi-platform-development

最初にどのプラットフォームを選ぶべきか

アプリストアには、Google Play, App Store, Windows Storeの3種類しかありません。以下の質問に答えることで、あなたのアプリの運命をどのプラットフォームに託したいか決めてください。

質問①お金儲けをしたいのか

App Storeの収益は、Google Playのそれに比べて8倍となっています。Appleはトップの有料アプリ開発者に対し、より多くのお金を払います。それに対しWindows Storeは収益面でまだ小規模です。しかしWindows 8 StoreのアプリはPCやタブレット、スマホにも対応しているためより多くの媒体で、より多くのダウンロードを見込めます。

質問②有料アプリか、(広告付き)無料アプリか

Google PlayにあるAndroidアプリの多くは無料で、広告によるマネタイズに頼っています。おそらく有料でリリースするよりも稼ぐことができるのです。Windowsの場合、Windows 8の奇抜な広告フォーマットに対応しているアドネットワークはあまりありません。つまりWindowsの場合は、おそらくアプリを定価で売る必要が出てきます。

質問③短期間で成果が欲しいか

App Storeには、なかなか解消されない悪い評判があります。これは特に新しい開発者に対してそうなのですが、App Storeはあまり新しいアプリをフィーチャーしません。なので、もしなるべく早くたくさんのダウンロードを望むならAndroidをオススメします。

アプリストアの規模

ということで、Google Playは他の競合よりもずっと速く成長しており、総合収益でAppleと肩を並べようとしています。Windows 8はというと、あまり開発者に選ばれていません。おそらくそれは本質的な問題のせいですが、成功しているアプリマーケットの最前線にいる開発者は常に巨大な収益を出しています。Windows 8 Storeを「成功しているアプリのマーケット」と呼ぶかどうかはそのうちわかるでしょう。

成功するデザイン

アプリのデザインに取り組むことはそれほど難しいことではなく、スマホアプリをデザインする上で気をつけるべき点は以下の6つです。

機能はシンプルに

あなたのデザインするアプリが小さな画面上で利用されるものである以上、この原理はもっと浸透するべきです。

1ピクセルも狂いのないグラフィック

画面が小さいだとか、どうせばれないからとか、そんな理由だけで怠けてはいけません。

大きなボタンとフォント、洗練されたアイコン

あなたが想定している特定のスクリーンサイズよりも大きめにしてください。

欠陥と機能

「これは欠陥ではなくこういう機能なのです。」などといった言い訳はやめましょう。アプリの機能は洗練されているべきです。

アイコン

一番初めに顧客の目につくものです。アプリのテーマと完全一致するようなデザインにしてください。

デザインのテスト

あらゆるスクリーンサイズ(Idpi, Mdpi, hdpi, xhdpi)で試してみてください。どのサイズでも同じように表示されるべきです。それをした後は経験豊富なデザイナーに頼んでください。もしくはGlyphishでもらえるようなスタンダードなアイコンを使い自分でできる限りデザインし直してみてください。

顧客の継続率を高める秘訣

次に、顧客の継続率を高めるための秘訣を探ってみましょう。

(繰り返しになりますが)洗練されたアプリであること
ユーザーはシンプルで洗練されたアプリが大好きです。そのアプリが属するカテゴリーの中で最高のアプリを作ってください。

マネタイズとユーザー体験のバランスをとること
広告を含む無料アプリの場合、多すぎる広告や課金機能でユーザを邪魔するのはやめましょう。アップデートとともにマネタイズ方法を変えるのもユーザを失う要因です。

広告を入れるなら、透明性を保つこと
全てのマネタイズ計画と追加の有料機能をアプリの説明ページに書きましょう。いずれにせよ広告表示の許諾画面で、ユーザーは確認するでしょう。

意味のあるアップデートを頻繁に行うこと
定期的にアプリを改善することでユーザーをとどめることができます。ユーザー数やアプリの評価が下がっている時こそアップデートをしてください。

サポートと対応
なるべく多くの端末本体や端末画面をサポートしましょう。 メールやコメント経由で寄せられたユーザのフィードバックに対して返信してください。もしあなたのアプリにログインが必要なら、Facebookのログインを使ってください。よりシンプルだからです。

マーケティングのコツ

アプリストアではプレゼンテーションが重要です。アプリのスクリーンショットが大きな違いを生みます。最初の3枚のスクリーンショットはそのアプリの最高の瞬間を表すものにしましょう。

プロダクトの説明

質素な説明ではなく、洗練された宣伝文を書いてください。他にもアプリをリリースしているのであれば、各アプリで別々の宣伝文にしましょう。ビデオに関しては、それぞれのアプリのビデオを作り、できるだけ宣伝しましょう。アプリの説明の中にビデオを組み込みましょう。 アプリをリリースするときは、『AppShout!』のようなサービスを使ってアプリストアで紹介されるようにしてください。投資できる余裕があってトップを獲りたいなら、AppBrainのようなサービスを利用するのが最高の手です。CPIモデルのものだとかなり役に立ちます。そうでないならAirBopを見てみてください。

賢い集客の方法

あなたのアプリのカテゴリーの、他のアプリにも注目してください。そこからキーワードや説明を倣い独自のものを作りましょう。また、このSearchman SEOもチェックしておきましょう。アプリにアナリティクス機能を導入することで、どう改善していけばいいのかわかります。

ブランドの認知

あらゆるSNSアカウントを作り、各SNSで情報発信してください。位置情報がなければオフラインの宣伝は機能しません。大きな予算があるなら、ショッピングモールのような人が集まる所にあなたのアプリを宣伝するホットスポットを設置すべきです。コンテストやリワードのキャンペーンは、Webサイトやブログやソーシャルメディアを通じて、オフラインまたはオンラインの両方で機能します。

利益を生むSEO

できるだけ多くの評価されているサイトにあなたのアプリをリンクさせてください。Google Playのアプリランキングシステムは、そのアプリがどれだけ多くの『Google+』を持っているかを考慮しています。

マネタイズの難しさ

3つの選択肢がありますが、それらを元に新しいマネタイズ手法を編み出しても構いません。

  • 定価で売る
  • 無料で提供し、広告スペースを企業に貸し出す
  • ユニークな機能をアプリ内で売る、アプリ内課金としても知られている

組み合わせる

アプリでは広告付き無料版とPRO版(広告なし、多機能の有料版)の両方を持つこともできます。売り上げを増やす起爆剤として無料版を使うのもいいでしょう。つまりユーザーがPRO版をインストールすることを想定して、無料版に広告を掲載するのです。そして、PRO版にすることにどんなメリットがあるのか全て明記してください。もしあなたがこの手を使うつもりなら、以下のマネタイズ案を参考にしてください:

  • 広告を探す(例: StartApp)
  • 普通のアドネットワークを使う(例: LeadBolt)
  • CPMネット広告 ((Cost per Milleの略称で、インプレッション単価のこと。インプレッション数によって広告費が決まる))を使う(例: AirPush)

また、仮想通貨のような、もっと複雑でもっと難しいマネタイズプランもあります。やってみる価値のあるものなので参考にしてみてください: GetJarGold ?
おすすめ記事 : あなたのアプリをマネタイズする20のアドネットワーク

注意

最後に、あなたがもし3番目(アプリ内課金)を選択するなら、PRO版を作成してはいけません。無料アプリを作り、アプリ内課金で収益を生み出すことだけに集中してください。そうでないとただユーザーを混乱させるだけになります。アプリ内課金と広告を共存させるのもやめましょう。ただユーザーの邪魔をし、最悪の場合アプリをストアから抹消されることになります。

この記事は、 HONGKIAT上の記事 “ Guide To Starting A Successful App Business: Tips and Resources“を著者の了解を得て日本語に抄訳し掲載するものです。Repro published the Japanese translation of this original article on? HONGKIAT?in English under the permission from the author.

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

Webとアプリの
売上最大化ツール
「Repro」

資料ダウンロード お問い合わせ

PAGE TOP